男性と女性

低コストで開業できる塾|専門知識が無くても経営できる方法

発展する市場を目指すなら

握手

インドネシアはASEAN加盟国では最も大きな市場を持ち、日本との貿易も盛んで、既に有名企業は多数、現地法人を設立しています。インドネシア進出支援会社のアシストを受ければ、文化や社会構造の違いを乗り越え、スムーズに現地法人を設立することを目指せます。

もっと詳しく

安価で経営を立ちあげる

勉強

サラリーマンが独立開業する際には、フランチャイズを利用するケースが多く見られます。中でも多いのが塾の開業です。その理由は、設備投資にお金がかからないことがあります。またフランチャイズであればネームバリューがあるので集客が楽に行えます。ただし、人気がある分だけエリアによっては競合も多く、運営には工夫が必要となることもあります。塾の開業に関しては、すでにどこかに通う生徒を取り込むことも必要になります。しかもまだ実績が無いということも大きなネックになります。学習塾を選ぶ基準は進学率の高さです。どれほどの実績があるのかを判断基準にするケースが多いので、いかに差別化を図るのかも重要なポイントになります。

学習塾での開業が人気を集める理由は、子供ひとりあたりの教育費用が高まっていることが挙げられます。少子化により子供の数そのものは減っていますが、その分少しでも良い教育環境を与えようという傾向が見られます。さらに環境の変化が早い世の中とあって、社会人となってからの適用力も必要となります。そこで学習塾に通うことで考える力を備えようと考える親が増えています。つまり良い学校に進学すると共に、より高い学習能力を身につけることができるようにしたいというわけです。その点において、個別指導によるフランチャイズの塾を開業するケースが増えているわけです。これは生徒それぞれに適した指導を行うことで、基本的な学習能力を高めることにつながります。

特徴を理解した戦略

珈琲

カフェの開業は難易度が高いビジネスになっています。客単価が低いと同時に、回転率を向上させることができないためです。くつろぐことが顧客ニーズになっているのです。開業前のシミュレーションが最も大事なポイントなのです。

もっと詳しく

最も有望な海外市場

ビル

人口増加と経済成長で注目を集めているアジア各国の中でも、人口が世界4位で経済成長率が5%を超えるインドネシアは最も有望な国です。インドネシアでは日本製品の人気も高く、消費能力の高い中間層も増加しているのです。インドネシア会社設立支援コンサルティング会社を利用することにより、起業がスムーズに運びます。

もっと詳しく