特徴を理解した戦略|低コストで開業できる塾|専門知識が無くても経営できる方法
男の人

低コストで開業できる塾|専門知識が無くても経営できる方法

特徴を理解した戦略

珈琲

集客拡大は見込みにくい

カフェの開業には綿密な計画が必要となります。カフェの特徴は顧客が店内でゆっくりくつろぐことです。また商品の客単価が低いことも特徴になります。そのため、利益を圧迫する要因が多いのです。不動産家賃や、光熱費、そして人件費や仕入れなどを加味したうえで、どの程度の集客があれば、利益の採算がとれるのかを計算しておくことが大事なのです。新規開業しても、集客を簡単に見込むことはできません。宣伝することも大事ですが、広告で来店に結びつけることは難しいのです。それより店頭での工夫のほうが効果を大きく出すのです。フードメニューを追加することも客単価を引き上げる要因になります。フードメニューは話題性を出したり、リピーターを増やすことにもつながります。

シミュレーションを行う

カフェを開業するにあたって客単価のシミュレーションは必要になりますが、回転率を向上させる取り組みは必要ありません。もともとカフェはくつろぐためのスペースの位置づけになりますので、回転率を上げることは、顧客ニーズと逆行してしまうのです。そのため、回転率を上げるよりも、いかに客単価を引き上げるかがポイントになります。客単価の引きあげが難しいのであれば、コスト削減に取り組むこともできます。いずれにしても客単位の利益率向上を狙うことが得策なのです。カフェを開業させる前にどの程度の集客を見込めるのかは、周辺の競合他社のマーケティングが欠かせません。集客をすぐに拡大することが難しい業種になりますので、集客計画をしっかりと立てるようにしましょう。場合によっては、起業アドバイザーから開業のポイントをアドバイスしてもらうのも良いでしょう。