最も有望な海外市場|低コストで開業できる塾|専門知識が無くても経営できる方法
男の人

低コストで開業できる塾|専門知識が無くても経営できる方法

最も有望な海外市場

ビル

巨大ポテンシャル秘めた国

日本企業にとっては飽和状態にある国内市場で大きく業績を伸ばしていくのが困難となっており、人口減が予想される将来はさらに厳しさを増します。そうした中で人口増加と経済成長が続くアジア各国には多くの日本企業が注目しており、実際に海外進出を果たしている例も少なくありません。中でもインドネシアは世界第4位の人口を持ち、年齢比率も若いため今後も継続的な人口増加が予想されます。それだけでも大きな市場価値が期待されますが、さらに経済成長という点でもこの国は見逃せません。インドネシアは21世紀に入ってから急速な経済発展を遂げており、GDPは2007年から2013年の6年間で2倍にも跳ね上がっているのです。近年は5%を上回るペースを続けている経済成長率も注目すべき数字で、消費能力の高い中間層が急増しています。インドネシアへの進出を目指す企業にとっては、単なる生産拠点にとどまらない消費大国としての巨大ポテンシャルも魅力の1つです。そのため製造業だけでなく小売業界でもインドネシア進出が相次いでおり、現地で日本製品がシェアを伸ばしています。以前から親日国と言われてきただけに、日本製品には根強い人気があるのです。

現地での足がかりに不可欠

このように日本企業にとっては非常に魅力的なインドネシア市場ですが、現地に会社や店を設立するにはさまざまな困難も予想されます。当然のことながら日本とは異なる経済事情や商習慣があるため、ビジネスを展開するには現地事情を知ることからスタートする必要があるのです。インドネシア会社設立を支援しているコンサルティング会社を利用すれば、そうした関門もクリアすることができます。コンサルティング会社は現地で会社を設立するために必要な各種申請や煩雑な手続きを代行しており、現地での市場調査や銀行口座開設もサポートしてくれます。そうしたコンサルティング会社の支援なしに現地でビジネスを開始するのは困難なことから、特にインドネシアで起業を目指す人に多く利用されているのです。インドネシアでのビジネスを成功させるためには、仕入れや流通ルートを確保するために現地企業と交渉する場面も考えられます。現地採用の社員雇用を支援しているコンサルティング会社は、インドネシアの現地企業とも太いパイプを持っています。インドネシアに縁のなかった人が起業を目指す場合、こうしたコンサルティング会社が現地の足がかりとして欠かせないのです。